本校のESD

平成22年度の加盟以降、本校では「国際理解教育」と「環境教育」を柱として、ESD(持続発展教育)に取り組んでいます。

主な取り組み

≪2010年≫

・、国立民族学博物館教授による講義。テーマ「多文化共生社会」。(学校&みんなのESDプロジェクト)。
・韓国教職員来校(公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター)
・世界遺産に関する講演会実施。

≪2011年度≫

・「トルコ料理学習会」(第2回ユネスコスクールESDアシストプロジェクト)
・エコキャップ講演会(エコキャップ推進協会)。
・韓国で行われた財団法人ユネスコ・アジア文化センター (ACCU) 主催「韓国政府日本教職員招聘プログラム」に地歴公民科教諭が参加。
・埼玉県平和資料館「世界の平和と人々の幸せのために~ユネスコとその活動~」
に出展。

≪2012年度≫

・生徒組織「ユネスコ部」創部。
・「世界一大きな授業~世界中の子どもに教育を~2012」に参加。
・「世界異文化学習会」実施。(ウイグル自治区、韓国、ミャンマー、ロシア、コンゴ共和国、ブラジル)
・「タイ料理・マレーシア料理学習会」。
・マレーシアのユネスコスクールSEHOLAH SULTAN ALAM SHAHで行われた「アジア国際キャンプ」に本校通信制生徒および全日制教員が参加。
・五峯祭にて「ユネスココーナー」「世界遺産ペーパークラフト」を展示。
・マレーシアのユネスコスクールSEHOLAH SULTAN ALAM SHAHで開催された「創立50周年記念式典」に本校生徒5名と副校長が招待される。
・同校より教員・生徒30名が来校。交流活動を行う。

≪2013年≫

・台湾国立高校から修学旅行受け入れ(鳳山高級中学来校・豊原高級中学)
・「世界一大きな授業~世界中の子どもに教育を~2013」に参加(第2学年・中学1年)。
・「世界異文化学習会」実施(コロンビア・サウジアラビア・韓国・チベット(中国)・トルコ・パラグアイ・バングラデシュ・ベトナム・マレーシア)
・「ロシア料理学習会」実施
・ユニクロ「服のチカラプロジェクト」参加(ユネスコ部)
・「緑のバトン運動」(被災地支援プロジェクト)参加(中学1年)

「ユネスコスクールESD優良実践事例集」掲載校として文部科学省より認定

平成26年11月に開催されるユネスコスクール世界大会の開催を記念して発行される、全国のユネスコスクールでの優良実践事例を掲載した冊子「ユネスコスクールESD優良実践事例集」への掲載を、文部科学省より認定されました。

asp-yuryou-nintei

 

国際理解教育

本校ではさまざまな場面で異文化学習を行います。語学研修旅行でのファーストネイションズについての学習会や、また海外研修の事前学習として、県内在住の海外出身講師を6名から9名招き「世界異文化学習会」や食を通した国際理解をテーマに「トルコ料理」「タイ料理」「マレーシア料理」「ロシア料理」といった海外の食文化学習会を実施しています。

 

留学生受け入れ

本校では平成17年度より留学生を受け入れており、今までさまざまな国から留学生を迎えました。中には1年間という長期間にわたって本校で学んだ留学生もおり、今後も積極的に留学生を迎え入れる予定です。

ryugakusei2005

ryugakusei2006

ryugakusei2007

ryugaksuei2008

2005年留学生

2006年留学生

2007年留学生

2008年留学生

 

異文化学習会

本校ではさまざまな場面で異文化学習を行います。語学研修旅行では、バンクーバーアイランド大学でファーストネイションズについての学習会を実施しています。
また、平成23年度には「ユネスコスクールESDアシストプロジェクト」の助成を受け、「トルコ料理勉強会」を実施し、トルコの食文化を中心に学習しました。

esd_071 esd_08 Turkey_cooking

 

各講演会

平成22年度には国立民族学博物館の岸上教授による多文化共生社会に関する講演会や、世界遺産保存に関する講演会を実施しました。また平成23年度には、在アフガニスタン大使館の高羽陽参事官による講演や、エコキャップ推進協会の永田事務局長による講演会を実施しました。

minzokugaku_kouenkai gaikoukan_kouenkai ecocap_kouenkai

 

教職員研修

韓国政府日本教職員招へいプログラムや、アジア・ヨーロッパクラスルームネットワーク会議(アイルランド)、ユネスコスクール全国大会への本校教職員の参加をはじめ、さまざまな研修会に参加することで、教職員もESDについて常に学習しています。

111

korea_shouhei

 

環境教育

エコキャップ運動

本校では平成22年度より、ペットボトルのキャップを回収し、その再資源化によって得られる利益を開発途上国の子どもたちのワクチン代とする「エコキャップ運動」に協力しています。
校内にはすべての教室にペットボトルの回収箱を設置しており、文化祭などの時には来校していただいた方々にも回収の協力を呼びかけています。
現在までで、累計552,750個のキャップを回収しており、この数は657人分のワクチン量に相当します。
今後も本校では積極的にこの運動に取り組んでいきます。

ecocap1

ecocap_h232

ecocap_box1

平成22年度五峯祭の様子

平成23年度五峯祭にて作成

エコキャップ回収箱