中学Information

SAS(マレーシア王立アラムシャー中等教育学校)とのオンライン交流!

2020年11月7日(土)

11/5(木)に、マレーシア王立アラムシャー中等教育学校(以下SAS)と本校の中高一貫部・高等部合同でのオンライン交流が行われました。事前に代表者による打ち合わせを重ねた上で、放課後の時間、本校が取り入れているMicrosoft Teams上にて、生徒によるビデオ会議を行いました。

きっかけは9月までさかのぼります。当時、五峯祭オンラインの配信を行う中で、SASの生徒がそれを視聴し、本校に感想を届けてくれました。そのような背景もあり、両校のコラボレーションにより一つの成果物を作るという動きが自然とうまれました。そこで今回、「実際にどのような作品をつくるのかを選定する」ことを目的とした会議が開かれました。

選定の手順ですが、各校から2案ずつプレゼンテーションし、参加者が最も魅力的と感じた提案に投票する。得票数の高かったプランの中から協議して確定させる、という形式をとりました。本校生徒は英語で、SASの生徒は日本語で、語学学習を兼ねた外国語でのプレゼンテーションになります。高いハードルでしたが、しっかりと事前準備をすることでなんとかやり遂げることができたようです。

投票はオンライン上で行い、その場で結果も公表されました。どのようなプランが選ばれたのかは、完成してからのお楽しみとさせてください。

ページの先頭へ