校長挨拶

『知的に正直たれ』

国際学院中学校では、建学の精神である「誠実・研鑽・慈愛・信頼・和睦」を柱に、中高一貫の6年間2,000日を通して、グローバルに活躍する人財に必要な「英語力」や「問題発見・課題解決能力」を育むことを目指しています。

本校では、知的に正直な生徒を理想とします。そのために、中高一貫教育の特徴である「先取り教育」をはじめ、密度の濃い国際交流や、豊富な学校行事などに彩られた6年間のカリキュラムで、お子様の確かな成長を期して参ります。

またユネスコスクールならではのネットワークを活かし、世界中の学校と交流し、情報や体験を分かち合うことができる環境も本校の魅力の1つです。その一環として、一昨年はIFW(ユネスコスクール間の大交流会)日本初開催のホスト校を本校が務め、中高一貫部の生徒たちは、アジア・ヨーロッパの国々に多くの友人をつくることができました。加えて、昨年は国連グローバルコンパクトにも加入し、学院全体でSDGs(持続可能な開発目標)が対象としている社会課題の解決を目指し、より一層教育研究及び地域貢献に専心しているところです。

みなさんがこれから学ばなければならないこと、体験すべきことはたくさんあります。そ本校での6年間で、知的に正直に学び、自らの可能性を最大限に広げて、社会に貢献する人へと成長して下さい。

校長挨拶

ページの先頭へ