学校行事Information

高校1年 卒業生講話を実施

2020年2月20日(木)

2/17(月)、「人生と社会」の時間を利用して、高校1年では「卒業生講話」を行いました。

今回は4名の卒業生を本校に招き、自身の高校生活や進路活動について振り返ってもらいました。先輩後輩という関係性は特有の説得力を生み出し、教員から聞いた話とは違う染み込み方をします。興味津々といった様子で、身を乗り出して話を聞く生徒の姿が印象的でした。

以下は生徒の感想用紙からの抜粋です。

何事も入試につながっているのだと思った。勉強については、英語を1年生から中心的にやっておくことで単語力がつく。プレゼンテーション等の特殊な入試に対応するために、自ら行動を起こし調査し、発表時には自分の意見を堂々と述べられるようにする。受け身で受けていた授業も能動的にしていかなければこれらの力は身につかないと思う。手を抜かず全力で取り組む姿勢にしていくことで他の人よりも様々な面で成長できるはず。特に苦手科目から逃げてはいけないと思った。1日1問ずつでもわかる問題を増やしていくことが重要になっていく。

ページの先頭へ