お知らせInformation

Report from Vancouver Island

2019年10月10日(木)

高校第2学年(一貫部5年含む)の語学研修(バンクーバーアイランド大学にて)の現地レポートです。現地から文章・写真が届き次第、こちらに追記していきます。

保護者の方へのお知らせ
10月10日の解散予定・・・成田空港を出発時点で「まちcomiメール」でご連絡します。

 

Day15―10/9(wed)Return to Japan

本日はカナダを出発して日本に帰ってきます。
「非常に楽しかった!」「帰りたくない」などの声も聞かれましたが、いよいよの帰国となります。

朝、ホテルを出発してから、バンクーバーでも有名な公園であるスタンレーパークを訪れました。
スタンレーパークには先住民族の方々が作られたトーテムポールが多数残されており、こちらで記念撮影をしました。
スタンレーパークを出たあとは空港へ向かい、14時(日本時間6時)にカナダを出発し、約10時間のフライトとなります。

Day14―10/8(tue)Washoku in the City

本日は、ナナイモ・ヴィクトリアのあるバンクーバーアイランドを後にし、バンクーバー(本土)の観光を行いました。

移動途中のフェリーが大きく揺れるなどのトラブルがあったものの、無事バンクーバーに入ることができました。 バンクーバーの街並みは、モダンな高層ビルの立ち並ぶビジネス街のようで、ヴィクトリアとは雰囲気が大きく異なっていました。 生徒たちは、班別研修という形でオリンピックの聖火台やショッピングモールなどを回って楽しんだようです。 夕食は、毎年お世話になっている亀井ロイヤルの支店で日本食を頂きました。 「お味噌汁おいしー」「日本に早く帰りたい」「逆にもっとカナダにいたい」など様々な感想が聞かれました。

Day13―10/7(mon)Walking in the Rain

本日は、ナナイモを後にし、観光地であるヴィクトリアで判別研修を行う日です。 ナナイモを発つ際、生徒たちは1週間半もの期間お世話になったホストファミリーとの別れに名残惜しさをにじませつつ、バスに乗りこんでいきました。

到着した時は生憎の雨で、自主研修では傘をさしながら班ごとに食事をとったり市街地を観光したりしました。その後、午後になる頃には晴れ間がのぞいていて、全員でBC(ブリティッシュコロンビア州)博物館を訪れました。

BC博物館は、先住民族の方々の開拓の歴史、BCに住う動物・植物、BCで発見された古代生物のモデルや化石、特別展として現在マヤ文明の展示などが行なわれている博物館です。生徒も貴重な資料を見て回ったり、写真を撮ったりして楽しんでおりました。 その後、ホテルにチェックインし、自由時間を挟んで食事をとりました。 宿泊するのは「ホテルグランドパシフィック」という格式高いホテルで、ダウンタウン(いわゆる中心街)にも非常に出やすい場所に位置しています。 食事の際は、事前学習で学んだテーブルマナーを生かして美味しく食事をとれたようです。



Day10―10/4(fri)Farewell Game and Lunch

本日は最後のESLとフェアウェルランチがありました。

最後のクラスでは、今まで授業で練習してきたことを生かしたスゴロクを行ないました。止まったマスにあるHow、Whereなどの質問を英語で返したり、True or False(正誤)の問題を出し合ったりしていました。 英語でのコミュニケーションにも慣れてきたところがあり、大いに盛り上がっていました。

授業後は、今回のESLを持って下さった先生方、手伝って頂いたVIUの職員の方々を交え、最後にこれまでの努力を称えながらも感謝の意を伝える昼食会(フェアウェルランチ)を行いました。生徒が座っているテーブルに先生方や職員の方々をお招きし、授業やアクティビティでの思い出やカナダでの生活のことなどを話しました。食事の後は、研修の模様をまとめたムービーを見せていただき、生徒一人一人に修了証の授与が行われました。最後に、授業で教えて頂いた歌と森山直太朗の「さくら」を披露し、ランチはお開きとなりました。

VIUの先生方、職員の皆様、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。(明日・明後日はホストファミリー宅での休日となるためレポートはお休みです。)

Day9―10/3(thu)School Visit

本日は午前にSchool Visit(小学校訪問)、午後はESLがありました。

School visit では、VIUから車で10分ほどのところにあるChase River Elementary にお邪魔しました。 学校に着くと体育館に通され、そこで小学生たちと対面しました。簡単に挨拶を済ませた後、高校生から小学生へ向けて森山直太朗の「さくら」合唱と選抜メンバーによる「ソーラン節」を披露しました。その後クラスへと移動し、休み時間を一緒に過ごしたり、折り紙を教えて作ったりしながら交流をしました。「もう疲れましたー」と言いながらも、笑顔で小学生達を追いかける姿が印象的でした。


Day8―10/2(wed)Climbing Up the Walls

本日はESLとRockclimbing(ロッククライミング)体験を行いました。

ESLでは、5W1Hの使い方を中心に学びました。昨日同様、趣向の凝った授業が展開されています。ペアを作り、向かい合ったペアのうち、スクリーンを見ている方が見ていない方に対して、Mr.ビーンが何をしているかを説明するといったアクティブラーニングを行いました。中には「そもそも日本語ですら説明できない」という声も聞こえてきましたが、楽しそうに取り組んでいました。

午後のRockclimbingは、非常に楽しみにしていた人が多いアクティビティの一つです。てっぺんに登るまでの時間を測って競争したり、難易度の高いコースに挑戦したりして盛り上がっていました。

Day7―10/1(tue)Enjoy Baking

本日はESLとBaking(ベイキング)体験を行いました。

ESLでは場所を示す表現の使い方や”would rather”の表現を学びました。 ペアで少しずつ異なった家のイラストが配られ、家具の配置などをお互い伝え合っていました。ステキな画力で友人を笑わせている生徒もいました。 その後、”would rather”の表現を使いクラスの人と好きなことを聞き合う中で、英語の表現に慣れつつ親睦を深めたようでした。

午後は2つのチームでそれぞれ違う体験をしたのですが、片方のチームは大学のカフェテリアの厨房をお借りしてBakingを行ないました。 パンとブルーベリーマフィンとチョコチップクッキーを、お互い協力をしながら、楽しく作ることができたようです。 早速、帰りのバスを待つ間に「焼きたてでおいしい」といって試食している生徒もいました。


Day6―9/30(mon)Beading Challenge

昨日は各ホームステイ先での休日となるため、レポートはお休みでした。

本日はESLとBeading(ビーズ細工)の体験を行いました。 ESLではcanやcan’tの表現などを、イラストやレジュメを元にまなびました。 一見「簡単すぎる」と思いがちですが、やりとりを通して、より深く言葉のイメージを掴めたようでした。 やり取りの中では、「ABCを15秒以内に言うことができますか?」「12月から1月までを順に英語で言うことができますか?」といったものもあり、和気藹々とした雰囲気で取り組んでいました。

Beading では、ファーストネーションの方をお招きして、伝統的なビーズのキーホルダーを作る体験をしました。 ファーストネーションはいわゆるカナダの先住民の方々のことで、伝統的に作られていた飾りや、未婚の女性・既婚の女性で巻き方が変わるタスキ(のようなもの)の作り方を学びました。その後セットをお借りして生徒それぞれがキーホルダーを作りました。早々に片付けた生徒もいれば、最後まで苦戦していた生徒もおりましたが、みんな何とか作り終えることができ、形に残る思い出となりました。

Day4―9/28(sat)Oneday Trip to Coombs, British Columbia

本日はデイトリップということで、ナナイモ有数の観光地であるクームス(Coombs)と、綺麗な滝のあるイングリッシュマンリバーフォール(Englishman river falls)を訪れました。 クームスは代表的な観光地ということもあり、Old Country Marketはほどほどのにぎわいでした。道中、1週間コースでホームステイをしている生徒たちともすれ違いました。 生徒たちはアイスクリームを食べたり、屋根に登った山羊を撮影したりして楽しんでいました。 一方、イングリッシュマンリバーフォールは樹齢数百年の森に囲まれた公園内にあり、ハイキングを行いました。大学を中心とした生活の中で、ほどよいリフレッシュすることができました。

 

Day3―9/27(fri)Let’s Get Skating

午前中は昨日同様にESLの授業、午後はスケート体験を行いました。授業は徐々にアクティブな内容に変化してきましたが、生徒たちは恥ずかしがりながらも元気にこなしています。スケートでは初めて滑るという生徒も多くいましたが、みるみるうちに上達していき、思う存分楽しんでいました。

 

Day2―9/26(thu)ESL Class in VIU

語学研修参加生徒は、本日よりバンクーバーアイランド大学(VIU)に通い始めました。 初めての通学に戸惑うところもあったようですが、なんとか全員そろって授業を受けることができました。 午前中はホームステイについての注意事項と生徒証の作成を、午後はキャンパス見学と英会話のトレーニングを行う予定です。

 

Day1―9/25(wed)Departure from Japan

カナダでの語学研修(2週間コース)に参加する生徒は、9月25日18:25発のフライトで成田空港を出発し、現地時間9月25日(11:30)ごろ無事にカナダのバンクーバー空港に到着しました。 到着時にちょっとしたトラブルはあったものの、全員無事に過ごしております。その後、フェリーに乗ってバンクーバーアイランドへ移動し、それぞれのホストファミリーに分かれてホームステイを開始しました。 明日からは、いよいよバンクーバーアイランド大学(VIU)へ通い、授業を受け始めます。

ページの先頭へ