プレテストについてもっと詳しく

プレテストに関する10の質問に

お答えします

 

Q1 プレテストとは、何のためのテストですか。

A1 入試本番前に、現在の実力をはかるためのテストです。

 

Q2 中学受験を考えている人だけが、受験可能なのですか?

A2 小学6年生と5年生であれば、だれでもプレテストを受験することができます。皆さんの実力を試すために活用してください。

 

Q3 プレテストの種類を教えてください。

A3【専願】:本校の専願入試と同傾向です。作文の練習ができます。「作文」「算数」 

  【一般】:本校の一般入試および特待生入試と同傾向です。プレテストで小学校の総復習ができます。「国語」「算数」

  【適性検査】:県立中学校の入試問題と同傾向です。「国語社会」「算数理科」

  【英語】:本校の英語入試同傾向です。英検対策にもなります。「英語筆記」「算数国語(基礎)」

 

Q4 プレテストの受験には、費用はかかりますか?

A4 無料です。

 

Q5 プレテストを受験して、良いことはありますか?

A5 中学受験対策のみならず、小学校で習う範囲の総復習や、英語検定対策としても、皆さんの実力をはかることができます。また、結果に基づいて、本校受験の場合での特待生などの可能性について、お話ししていくことができます。

 

Q6 プレテストで実力が発揮できなかった場合、入試結果にひびいてしまうことはありますか?

A6 まったくありません。安心してプレテストを受験してください。

 

Q7 わからない問題について、どう復習したらよいですか?

Q7 プレテスト終了後に、各教科の解説授業を行います。つまずきやすいポイントについて、詳しく解説します。また、適性検査型のプレテストには、簡易解説も付きますので、自宅での復習に役立ててください。

 

Q8 第一回から第三回までのすべての回でプレテストを受験してもよいのですか?

A8 かまいません。すべて無料で受験可能です。

 

Q9 プレテストの点数は、教えてくれますか?

A9 答案に点数を記入して、郵送にて返却いたします。採点者によるワンポイントアドバイスも、ついています。(送料無料)

 

Q10 個別相談の時に、プレテスト結果を持参してもよいのですか?

A10 ぜひご持参ください。教科アドバイスや入試での様々な可能性について、詳しくお話しさせていただきます。

 

≪プレテスト予定表≫

 

受験形態

プレテスト科目と時間

10月21日(土)

13:30~16:30

専願型

作文(50分)

算数(50分)

算数の解説(45分)

一般型(特待生型)

国語(50分)

算数(50分)

算数の解説(45分)

11月25日(土)

13:30~16:30

適性検査型

国語社会【作文Ⅰ】(50分)

算数理科【作文Ⅱ】(50分)

作文ⅠⅡ解説(45分)

英語型

英語筆記・面接(50分)

国語算数(基礎)(50分)

英語・算数解説(45分)

12月9日(土)

13:30~16:30

専願型

作文(50分)

算数(50分)

算数の解説(45分)

一般型(特待生型)

国語(50分)

算数(50分)

算数の解説(45分)

適性検査型

国語社会【作文Ⅰ】(50分)

算数理科【作文Ⅱ】(50分)

作文ⅠⅡ解説(45分)

≪時間割予定≫

  • 1時間目 13:45~14:35

  • 2時間目 14:45~15:35

  •  解 説   15:45~16:30

 

お申し込みは、HP予約フォームより。(しばらくお待ちください)

〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町大字小室10474
TEL : 048-721-5931(代) FAX :048-721-5903