吹奏楽部「吹奏楽 秋の男祭り2017」参加

去る9月18日(月・敬老の日)に、和光市民文化センター・サンアゼリア・大ホールにて、「吹奏楽 秋の男祭り2017」が開催されました。
5年目となる本演奏会は、男子校の吹奏楽部と共学校の男子部員のみがステージに立つ全国的にも珍しい演奏会で、普段の吹奏楽部では少数派の男子部員たちによる、参加15校・300名による圧巻の演奏会となりました。

台風一過となった秋晴れの日差しの中、会場の前には2時間前から列ができ、開場時刻には5~600名のお客様がいらっしゃいました。


▲開場前には長蛇の列ができていました

演奏順の当日抽選 <新企画>

大所帯の演奏会としては異例の当日抽選で演奏順の決定をしました。
ステージ裏方を担当した女子部員の皆さん、大変だったとは思いますが、本当にありがとうございました。

参加校顧問陣による特別バンド演奏 <新企画>

集まる生徒が男だけなら顧問も男ばかりということで、顧問バンドを結成して演奏を行いました。
ただの演奏だけでなくマイクを片手に歌いながら客席を練り歩くなど、男祭りを企画・運営する顧問陣の祭好きがうかがえるステージとなりました。

男子校各校ステージ

先日の西関東大会出場校や、東日本大会への切符を手に入れた学校を含む男子校7校が、学校別に演奏を披露しました。
男祭りの名にふさわしく、演奏だけではない、ユーモアあふれるパフォーマンス満載のステージとなりました。

共学校男子部員合同ステージ

各校では一握り程度しかいない共学校男子部員8校約60名が、合同バンドを結成しましたが、共学校における男子部員は担当楽器が偏りがちで、今回は4分の1がTubaという編成に……
昨年に引き続き、2013年度吹奏楽コンクール課題曲作曲者(朝霞西高教諭)の力を借り、共学校吹奏楽部男子部員にありがちな「少数派」「力持ち(=雑用係)」というイメージを吹き飛ばすような、個の力を生かした爆笑のステージとなりました。

全体合同ステージ

日本一ファンキーな吹奏楽指導者として有名な植田薫先生(福井県立武生商業高校 吹奏楽部顧問)を客演指揮にお招きした全体合同ステージwith竹中敬一先生(on Organ)は、客席総立ちの歓声に包まれました。
堅苦しいと思われがちな吹奏楽界隈ですが、ライブ感満載のステージとなりました。


▲リハーサルから客席も盛り上がっています

この1年、様々なメディアで紹介されてきた本演奏会ですが、吹奏楽ライター・オザワ部長や、朝日新聞CSR推進部(吹奏楽担当)の方にもお越しいただきました。

年々、力強さを増す男祭りですが、その裏方(受付・設営など)は、女子部員の皆さんによって支えられており、やはりいつまで経っても、男子部員は女子部員に頭があがりません。
本当にありがとうございました。

参加した本校吹奏楽部員も、各校の演奏・活動に刺激を受けることができました。
今後の活動に生かしたいと思います。

男祭りをはじめ、今後とも様々な演奏会を開催してまいりますので、是非とも次回の本校吹奏楽部の演奏会にお越しください!

<参考リンク>
吹奏楽部のページ

〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町大字小室10474
TEL : 048-721-5931(代) FAX :048-721-5903